校長挨拶



      (さとう  よしひろ)
校長 佐藤 睦浩


 山形県立置賜(おきたま)農業高等学校ホームページを訪問いただきお礼申し上げます。
 1878年(明治11年)イギリスの女性旅行作家イザベラ・バードは、本校が位置する山形県南部の置賜地域を眼下に「これはまるでエデンの園、東洋のアルカディアのようだ」と記したとされています。
本校は、8月から11月には4ヘクタール 650種 約100,000本のダリアが咲き誇る川西町にあります。単独の農業高校として『地域になくてはならない学校』を掲げT.O.H(Team Okino Highschool)を旗印に、生徒・教職員がともに己の可能性を拡げることに挑戦しております。
 創立は明治28年、“成せば為る 成さねば為らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり”で有名な上杉鷹山公の教えを汲み、南置賜郡立蚕業学校として開校しました。終戦後の昭和28年、山形県立置賜農業高等学校となり、以来、時代の要請に応えるべく学科改編等幾多の変遷を経て、今年で創立121周年を迎えました。
 本校は、「質実剛健」「誠実明朗」「実践奉仕」の校訓のもと、農業をはじめ各界へ1万9千名を超える有為な人材を輩出してまいりました。その間、置賜地域はもとより、県内外からたくさんの御支援・御助言を賜りました。あらためて感謝申し上げる次第です。
 さて、平成27年度から第6次山形県教育振興計画が動き出したのにあわせて、学校経営方針を
(1)「いのちをつなぐ」人づくり  自尊感情を高め 共生の心 生命への慈しみを育む
(2)「学び続ける」人づくり    知徳体が調和し 主体的に課題解決できる力を育む
(3)「地域とつながる」人づくり  ふるさとを愛し 地域の未来をきりひらく力を育む
といたしております。学習指導、生活指導、特別支援、家庭との連携、地域貢献を柱として、「地域の農業を支える人財」「地域の生活を支える人財」「地域の食料や環境を支える人財」を育んでまいる所存です。
 本ホームページでは、本校生徒や職員の活動・活躍の様子を適宜紹介してまいりますので、御覧いただき本校への理解を深めていただければ幸甚です。しばしば訪問いただき、多くの皆様から御意見や御感想をお寄せいただければと存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

校訓

質実剛健 誠実明朗 実践奉仕


歴史

明治28年、南置賜郡立蚕業学校として創立され、明治34年に山形県立置賜農学校となりました。
平成28年度で創立121年になります。

目指す学校像、生徒像、スローガン

いのち」を育み、「こころ」を育み、「ひと」を育む学校
明るく逞しい置農生 元気・活力・勢いを創り出そう


学校経営について

重点目標について

本校キャリア教育について